相続放棄ってできるの?

相続放棄っをしたいけど・・・そんなことできるのか。 - 相続放棄のやり方

新着情報

▶2015/08/03
相続放棄のやり方の情報を更新しました。
▶2015/08/03
会社情報ですの情報を更新しました。
▶2015/08/03
後から困らない相続税対策まとめの情報を更新しました。
▶2015/08/03
必見の改正後の相続税対策の情報を更新しました。
▶2015/08/03
生前贈与で相続税対策の情報を更新しました。

相続放棄のやり方

遺産相続ではプラスの遺産が多く、その額が基礎控除を超えると相続税を支払う事になります。
しかし、マイナスの遺産が多い場合はどうしたらいいのでしょうか?
マイナスの場合、相続税を支払う必要はなくなりますが、その代わりに被相続人が残しを債務を肩代わりしなくてはいけません。
親の代わりに債務を返済したいというケースもあるでしょうが、マイナスの相続ならしたくない、と思う人も多い事でしょう。
そこで相続を放棄するにはどうしたら良いのか、その手順についてご説明しましょう。

相続放棄が出来ない場合がある

まず注意して欲しいのは、相続財産を処分したり、隠したり、意図的に目録に載せないなどすると単純承認をしたものとみなされて、相続放棄が出来なくなってしまうという点です。
また、決められた期間内に届出を出さない場合も単純承認とみなされてしまいます。
相続を放棄したいと考えているなら、上記のような点に気をつけましょう。

相続放棄の手続き

gfhrts
相続放棄の手続きは、被相続人の住所地の家庭裁判所か、相続開始地の家庭裁判所に相続放棄申述書を提出する必要があります。
期限は、自分が相続人になった事を知った時から3ヶ月以内と決められています。
しかし特別な事情がある場合は、相続放棄のための申述期間延長を申請する事も可能です。

口頭での相続放棄は法的効力が無い

たとえば遺産分割協議の場で相続放棄を宣言しても、それは法的な効力はありません。
相続放棄をしたい場合は必ず家庭裁判所に行って必要な手続きをしましょう。
●相続放棄の撤回は出来るのか?
一度は相続放棄をしたけれど、その後プラスの財産がある事が判明したのでやっぱり撤回したい・・・。
そのような場合、相続放棄の撤回は出来るのでしょうか?
残念ながら家庭裁判所で必要手続きをして、相続放棄陳述受理証明書が交付されてしまった場合はもう撤回は出来ません。
ですから相続するのかそれとも放棄するのか、しっかりと熟慮の上決める必要があると言えるでしょう。
ただし、他の相続人に脅迫されて手続きをした場合や、詐欺行為にあって相続を放棄した場合は撤回する事も可能です。
税金にも色々あります。身近なところでは消費税や所得税、固定資産税などです。
そんな税金の中で聞きなれないというか、特定の人以外は縁のない税金があります。それは相続税です。

遺産は棚からぼた餅ではない

映画などで、ある資産家が他界し、遺言状に書かれていた相続人が主人公だったという設定で巨万の富を一夜にして得るというストーリーがあります。現実はそんなに甘くありません。
たとえば、親族がいくつも動産を所有していたとします。さらに、自分はしがないフリーターだとしましょう。もし、その親族が亡くなって遺産が転がり込んだらどうしますか?恐らく映画のように散財したいのではないでしょうか?それともタンス貯金でしょうか?

働かざる者食うべからず

遺産は被相続者の所有物になりますが、その人が働いて得たものではありません。
もし、この世にそういった働くことなく大金を手にする人が何人もいたらどうでしょう?社会は上手く機能しません。
こういった矛盾を解消するために定められているのが相続税です。遺産も不労所得とされますので、しっかりと税金を納めなくてはなりません。
年収が低く、貯蓄もあまりないと、財産が転がり込んできたと喜んでいたら数ヶ月後に税金でほとんどなくなってしまうかも知れません。

転ばぬ先の杖として

税金対策は色々ありますが、多くは自分で得た所得に対するものばかりです。なので、比較的容易にできるものです。
では、相続税対策はどうしたらいいのでしょうか?計算すらできないと思います。
そういった場合、まず税理士にそうだんし、概算でも金額を把握しておくべきです。
相続税の納付期限は親族が亡くなってから10ヶ月以内ですので、素早い対応と判断がカギになります。まずお気軽にご相談ください。税金対策のプロがしっかりとサポートいたします。

Copyright(C)2015 相続放棄ってできるの? All Rights Reserved.